リアル似顔絵@有名人

有名人のリアル似顔絵をのほほんと描いています☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似顔絵の描き方の流れ

今日は、私の似顔絵の描き方を少しだけ紹介したいと思います(^○^)

まず、現在公開している作品は全て、パソコンで描かれたデジタルの絵です。

フォトショップというソフトを使って描いています。

このフォトショップは、写真加工などにも使われるソフトで、印刷物の作成やデザイン関係の仕事には必須のソフトです。


それでは、大雑把な流れを紹介します。


(1)下書き
まずは紙に手書きで下書きをします。私の場合はえんぴつで描きます。

(2)スキャナーで読み込み
描いた下書きをスキャナーという機械を使ってパソコンに読み込みます。

(3)トレース
パソコンに読み込んだ下書きを元にして、フォトショップやイラストレーターなどのソフトを使用してトレースしていきます。
簡単に言えば、下書きの上に透明のフィルムを乗せて、そのフィルムにマジックで下書き通りに線をなぞっていくようなイメージです。
それをパソコンのソフトを使って描いていく方法です。
こうすることによって、下書き通りに線を描くことができます。
人によっては、その下書きをそのまま生かして描いていく人もいますが、私の場合の下書きはあくまでデジタルで描く時の目安にすぎません。輪郭などを描いた後には消してしまいます。

(4)色をつける
輪郭を描いたら、そこに肌色や髪の毛の色などを塗っていきます。
最初はベースとなる中間食を選んで塗っていきます。
そして、立体感をだすために明るめのハイライトや濃い目の色を入れていきます。
その際はブラシツールや指先ツールなどをうまく使って、なじませていきます。

(5)細かい部分の調整
似顔絵で一番重要ともいえる目をじっくりと時間をかけて描いていきます。
その他にも唇や髪の毛の影など、よりクオリティをあげるために調整していきます。


以上がかなり大雑把ではありますが、作業のながれです(⌒∇⌒)

そんな感じで描いた作品の一つがこちらです☆

上戸彩さんの似顔絵

たぶん、この説明だけではよくわからないと思いますので、また別の機会に一つ一つを細かく解説していきたいと思います☆


この似顔絵良いって思ってくださった皆様!是非クリックをお願いします(*^.^*)

皆様のクリックでランキングが変わります☆彡
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。